SPFやPA値の高いものは肌への負担がかなり大きい

SPFやPA値の高いものは肌への負担がかなり大きい

紫外線や夏の強い日差しから肌を守るための化粧品である日焼け止めの強さを表すのに用いられているSPFとPA。SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略で紫外線防御指数を意味しています。

 

紫外線は、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )と、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となるB波(UVB)を含んでいます。紫外線B波は肌表面が赤くなる炎症(サンバーン)を引き起こし、肌表面に発生した活性酸素が過剰なメラニン色素を作り出します。

 

紫外線

 

SPFは、この紫外線B波をカットしてくれるものです。SPF値は最高で「50」までしか表示できないことになっており、SPF50以上の場合『50 +』と表示されています。この、SPFの数値は、SPF1を20分として、何も塗らない肌に比べて20分ほど日焼け開始、つまり肌が赤くなり始める時間を遅らせられる、という効果がどれだけ持続するかということを示しています。例えば、SPF50のものを使うとすれば、20分×50の持続効果が得られます。つまり、1000分、およそ16時間は素肌に比べて日焼けがしにくくなる、ということを意味しています。
この日焼けしてしまうまでの時間には、それぞれ個人差があるため、同じ日焼け止めを塗ったとしても、効果が続く時間や、肌の赤くなり具合には多少の差が生じるものです。塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は十分な効果が得られなくなっていしまうため、注意が必要です。

 

当然、数値が高くなればなるほど肌にかかる負担は大きくなるため、あまり肌へのダメージがかからない数値の低いものを数時間おきにこまめに塗りなおすことが効果的です。

 

通常の家事、洗濯物を干したり、近所へ買い物くらいならSPF15〜20程度程のものを、長時間の外出、そして海や山、紫外線を直接浴びる場所であれば、SPF30以上のものを使うようにすると更に良いでしょう。そして、もうひとつのPA。これは、プロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略であり、紫外線A波(UVA)から肌を守ります。

 

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだし、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊することによって肌の老化を招きます。

 

PAの防御効果を表すのはSPFのような数値ではなく、++++、+++、++、+と、この+の数です。+の数が多ければ多いほど効果は強くなります。紫外線A波は夏以外でも降り注ぎ、窓も突き抜けてしまうため、1年中注意が必要になるでしょう。多くの人がSPFやPA値の高いもの選びがちですが、肌への負担がかなり大きくかかっていまうため、SPFやPA値の高いものにするより、こまめに塗りなおしたり、紫外線カット機能のあるファンデージョンやパウダーとの併用をする方が効果が保てます。

 

ホワイトニングリフトケアジェル