発汗作用を促し、乾燥しにくい肌を作る

発汗作用を促し、乾燥しにくい肌を作る

 

発汗作用を促し、乾燥しにくい肌を作るようにしましょう。

 

体を温める食材を利用する

 

気温が下がってくると汗をかきにくくなってしまいます。
夏よりも冬の方が、肌が乾燥しやすい原因の一つに、汗をかきにくくなることが挙げられます。

 

代謝を上げることで汗をかきやすくし、肌の乾燥を防ぐようにしたいものです。
その為に利用したいのが体を温める食材です。

 

生姜は体を温める食材として代表的なものです。
他にも冬野菜は根菜が多いですが、これらも体を温める効果があります。

 

鍋料理などで体を温める野菜を多く食べるようにすれば、さらに汗をかきやすくなり、肌の乾燥を防ぐ効果が多いに期待できます。

 

香辛料で発汗作用を促す

 

体を温める食材と一緒に利用したいものが香辛料です。
カレーは多くの香辛料が入っていて、発汗作用もあります。

 

他にも唐辛子系の辛さも発汗作用があり、体を温めてくれます。
キムチなどを食べると、すぐに顔から汗が噴き出てくるような効果があるので、大いに利用したいものです。

 

カレーやキムチだけではなく、コショウやラー油なども発汗作用を促してくれます。
さまざまな香辛料を利用して、美味しく食べながら同時に、体を温める工夫をしていくと良いでしょう。

 

運動で汗をかく

 

適度な運動は季節に関係なく行いたいものです。
冬はなかなか汗をかきにくいものですが、少し汗ばむ程度の運動を行うことで、発汗作用で肌の乾燥を防ぐ効果が期待できます。

 

しかし、寒い場所での運動で汗をかいたままにしておくと、急激に体が冷えてしまい、風邪を引く元になってしまうので気をつけたいものです。
汗をかいたら着替えるなどをして、汗をそのままにしておかないようにしましょう。

 

入浴で汗をかく

 

入浴は冬の寒い時期は特に体を温めてくれるので嬉しいものです。
半身浴を行うことで、人割と体が温まっていき、同時に発汗作用も促してくれます。

 

半身浴を行う時は肩にタオルなどをかけておき、上半身が冷えないように気を付けたいものです。

 

他にもサウナは汗を大量に描くので、発汗作用を促す代表的な方法とも言えるでしょう。

 

冬の乾燥肌を予防、改善していくためにも、意識して汗をかく習慣をつけていきたいものです。