ほうれい線を目立たなくする4つの方法

ほうれい線を目立たなくする4つの方法

女性にとってはとても気になるほうれい線。ほうれい線は見た目年齢を大きく左右します。実年齢より老けた印象を与えるのは嫌なものですね。ほうれい線の原因や対処法について解説します。

 

ほうれい線はなぜできる?

 

ほうれい線ができる原因は一つではありません。加齢や紫外線によるダメージのほか、顔の筋肉である表情筋の衰えや生活習慣も影響しています。肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが加齢により減少すると、頬の重みによってたるみが生まれます。紫外線のUV-Aは室内でも肌の真皮に到達し、コラーゲンやエラスチンを合成する細胞にダメージを与えます。また、皮下脂肪の多い頬を支える表情筋も加齢によって衰えることから、肌全体が下がってしまい、ほうれい線が目立つようになるのです。さらに生活習慣も原因の一つ。睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活はターンオーバーを乱します。新しいところでは、近年のSNSの普及も原因とされています。PCと向き合うデスクワークやスマホを見る時間が多くなったことから、長時間表情を動かさず、顔を下に向けることが増えました。表情筋も筋肉なので、動かさなければ凝り固まり、衰えていきます。ほうれい線は多くの場合、いくつかの原因が重なり合って毎日少しずつ進行するものなのです。

 

ほうれい線を目立たなくするには?

 

つぎに、具体的なほうれい線ケアを紹介しましょう。一つめは表情筋エクササイズです。片方の頬に空気を閉じ込め、ふくらませたまま10秒間キープします。10秒たったら反対側の頬も同じようにします。これを1セットとして3セット繰り返しましょう。二つめは舌でほうれい線を内側からなぞる舌マッサージ。エクササイズやマッサージで血行がよくなり、ターンオーバーも促します。入浴中に行うのをおすすめします。三つめはスキンケアでのほうれい線対策です。加齢とともに失われるヒアルロン酸やセラミドなどを配合したアイテムを選びましょう。最後に、質のよい睡眠や抗酸化作用のある食材を摂ることも欠かせません。

 

複数のケアでさらに効果アップ

 

ほうれい線には様々な原因があるため、一つのケアですませるのではなく、複数のケアで多方面からアプローチしましょう。これまでのケアで効果が実感できなかった人は、対処法を変えてみることをおすすめします。