血管のアンチエイジングこそ重要だった!血管の老化と血管を良くする方法

血管のアンチエイジングこそ重要だった!血管の老化と血管を良くする方法

血管というのは人間の体全体に張り巡らされているもので、全身に血を送り込んで栄養を与えるといったきわめて重要な器官であります。

 

この血管でありますが、実はアンチエイジングにかなり重要であることはご存知でしょうか?
今日は血管のアンチエイジングの重要性とその方法について紹介します。

 

血管は老化すると重大な病気を引き起こす

 

血管が老化をしていくと、重大な病気になるようなことがあります。

 

血管は本来は柔らかく、ゴムのように柔軟になっているわけではありますが老化をすると固くなってしまいます。
固くなると、血管がもろくなって動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患を患う危険性があります。

 

また、脂肪分やコレステロールが多いと、血管が狭くなりやすくなりますので、血流が悪くなり栄養が生きにくくなって肌の艶などを奪う結果にもなりますし、
血管も詰まりやすくなりますから、これもまた重大な疾患につながる危険性があります。

 

血管の老化は様々なところに影響を及ぼすわけなのであります。

 

血管を若く保つには?

 

血管を若く保つためには、食べるものが重要となります。
血管に一番いいこととしては、減塩です。 塩分が多いと、高血圧になりやすいですから血管に負担が大きくなりやすいです。
血管を大事にするならまずは塩分を少なくし、おおよそ8~9グラムくらいを目安に塩分の調整をしましょう。

 

他には血管の老化を防ぐためには、トマトのリコピンや鮭やエビといったのに含まれるアスタキサンチンを取って酸化を防止するようにすると
血管が傷つきにくくなって、こぶができたり、血栓ができるのを防ぎます。

 

納豆や玉ねぎを食べて血液をサラサラにすることも血液の流れを滞りなくさせますので、血管にやさしいです。
また、運動によって脂肪分を減らして、血液が流れやすいようにし、適度な運動によって体の血液の流れをよくしておけば血管も若さを保つことができます。