シミができやすい食べ物はソラレンとチロシンを含むもの

シミができやすい食べ物はソラレンとチロシンを含むもの

年齢と共に増える顔のシミ、皆さんもお悩みではないでしょうか?

 

シミができてしまう原因は幾つかあります。シミの原因は紫外線や加齢、ニキビや肌荒れ、ストレスやホルモンバランスの崩れなど、多くの原因が考えられます。では、どのような場所にシミはできやすのでしょうか?顔の中でシミができやすいとされている部分は、額、?、目の周り、口の周りです。外出時などは、日焼け止めクリームや日傘、帽子等を使用し、紫外線から肌を守る事が日常の生活の中で大切な事だと言えます。

 

シミの予防策として、日焼け止めクリームや日傘などは一般的なもので皆さんもご存知かと思いますが、シミができやすい食べ物がある事をご存知でしょうか?

 

シミができやすい食べ物とは、「ソラレン」「チロシン」を含む食べ物です。具体的にどのようなものでしょうか?ソラレンとは、紫外線を吸収す性質があります。その為、ソラレンが肌に行き渡っている状態で紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトが刺激されてシミのできやすい状態になってしまうのです。

 

ソラレンを含む食べ物は、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、きゅうり、セロリ、人参などがあります。皆様、お気づきでしょうか?このソラレンを含む食べ物として挙げたものは、紫外線を吸収しやすい性質もある一方、ビタミンCを多く含む食べ物なので、美白効果も期待できる食べ物なのです。

 

では、どのようにこの美白効果もある食べ物を上手く取り入れたら良いのでしょうか?

 

それは、食べる時間帯です。ソラレンは摂取から2時間で肌に行き渡り7時間程で代謝されます。なので外出時は時間を考えて食べたり、夜に摂取する事がおすすめ出来ます。

 

シミができやすい食べ物としてもう一つ「チロシン」があり、チロシンはアミノ酸の一種で神経系の伝達物質の原料でありメラミン色素の原料です。タケノコやリンゴ、バナナ、アボカド等が挙げられます。
チロシンを含む食べ物を食べる際は、ソラレンを含まないキャベツやピーマンの野菜と一緒に食べる事をおすすめします。

 

出来てしまうと、消す事がなかなか難しいシミ。普段の生活で予防できる事は心がけ、綺麗なお肌をいつまでも保ちたいですね。